• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > バックナンバー > 新建築2016年2月別冊

バックナンバー

『新建築』2016年2月別冊 
BEYOND BOUNDARIES

『新建築』2016年2月別冊
BEYOND BOUNDARIES
境界を乗り越えると“まち”は面白くなる
定価: ¥3,000(本体¥2,778)
224頁 297mm x 221mm
  • カートに入れる
マスタープランから建築、ランドスケープ、そしてインテリアの設計など、さまざまなスケールを横断的に手がける建築家・光井純氏。
米国から帰国し、日本を拠点に設計活動をはじめて20年。
その設計思想と作品群を、豊富な写真、スケッチ、ダイアグラムなどで紹介する。

Feature

004 STATEMENT

008 巻頭言|境界を越え、「多様性」と「一体感」のある" まち" をデザインする  光井 純


第1章 人の心を豊かにする" 仕掛け" をつくる
024 自然と共に生きる" まち"
028 アイデンティティを映し出す" まち"
034 文脈が紡がれる" まち"
040 記憶に刻まれる風景
042 コラム|群景のデザインと個のデザイン
044  都市生活の新たな風景
046 コミュニティのための通りと広場
058 "まち" を彩るファサード
062 時を超えた継承
064 溢れ出すにぎわい
074 コラム|魅力的な"まち" をつくる秘訣は「外部空間と建築の連係」にあり
076 旅立ちとおもてなしの" まち"
080 "まち" のにぎわいを引き込む" 仕掛け"
086 絵画のように切り取る風景
088 想いが刻まれた空間
092 コラム|細やかな"仕掛け" で五感に訴えかける空間をつくり込む


第2章 デザインの源流
096 対談|受け継がれる建築家の思想  シーザー・ペリ × 光井純
110 対談|建築を教わり、教えること  安田幸一 × 光井純


第3章 デザインアプローチ
118 専門化・細分化し、領域を拡げる建築家の役割
122 JMA/ PCPAJ が提供するサービス
124 "まち" のデザイン手法/ "まち" から考える建築デザイン
134 マスタープランに基づいたまちづくり
146 デザインのバイブル「DD 図」
150 協働的創造の技術
158 クライアントの声|挑戦を後押しするデザインの力  張雅慧


第4章 デザイン・オン・レスポンスが生み出す多様な建築作品
スタッフトーク| JMA / PCPAJ の建築デザインをつくるもの
164 空港
168 オフィス
172 商業
174 地域の拠点施設
178 教育施設
180 美術館・博物館
182 レジデンシャル
186 もてなしの空間
188 海外プロジェクト


第5章 未来へ
192 対談|世界と日本における建築家の役割  フレッド・W・クラーク × 光井純
198 対談|公・民・学による新しいまちづくり  出口敦 × 光井純
202 座談会|価値観を表現するための引き出し  建築を学ぶ若手たち × 光井純


208 作品年表
214 クレジット

221 企業とのコラボレーション

前のページへ戻る