• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > バックナンバー > a+u2010年01月号

バックナンバー

a+u 2010年1月号

a+u 2010年1月号
  • 売り切れ
定価: ¥2,571(本体¥2,381)
176頁 292mm x 219mm
特集:伊東豊雄/建築と場所
  • 台中メトロポリタンオペラハウス
    台中メトロポリタンオペラハウス
  • カリフォルニア大学バークレー美術館/パシフィック・フィルム・アーカイヴ
    カリフォルニア大学バークレー美術館/パシフィック・フィルム・アーカイヴ
  • 今治市伊東豊雄建築ミュージアム
    今治市伊東豊雄建築ミュージアム

Feature

カレンツ:
CAAUがブルキナ・ファソの国際会議場を設計
ザウアーブルッフ・ハットンがLow2No設計競技に勝利
BIGが世界女性体育センターの設計競技に勝利

特集:
伊東豊雄/建築と場所

『a+u』では、これまで2回、伊東豊雄を特集した。2004年5月号(アンダー・コンストラクション)と、2005年6月号(イメージを超えて)である。本号はそれに続く第3回目の特集として、世界各地に建設中、あるいは間もなく着工予定の伊東のプロジェクトを中心に紹介する。「建築と場所」というテーマのもとに選びだされたのは、台湾(台北と台中)、スペイン(バルセロナとマドリード)、米国の西海岸(バークレー)、チリ(マルベリャ)、シンガポール、日本の瀬戸内(今治)の6つのエリア。プロジェクトを詳細に紹介するとともに、6つのエリアから届いた敷地状況、工事写真等はできる限り収録するよう努めた。また6つのエリアで「建築をつくる」ために考えたこと、経験したこと、格闘したことを、伊東とスタッフに率直に語ってもらった。それらを通して、各地における伊東のより実際的、実践的な仕事の側面が伝わることを願う。
巻末の松原弘典司会による座談会では、建築が経済原理の中で消費されるという状況にあってもなお、しなやかに、しかし、辛抱強く対話を続ける建築家の姿勢が見えてくるだろう。(編)

序文:
建築と場所
伊東豊雄

エッセイ:
台湾で建築をつくる
矢部倫太郎

台中メトロポリタンオペラハウス

台湾大学社会科学部棟

松山煙草工場跡地文化園区BOT計画

エッセイ:
スペインで建築をつくる
喜多裕

バルセロナ見本市グランヴィア会場拡張計画+トーレス・ポルタ・フィラ

ガヴィア公園

エッセイ:米国、西海岸で建築をつくる
御手洗龍

カリフォルニア大学バークレー美術館/パシフィック・フィルム・アーカイヴ

エッセイ:チリで建築をつくる
イサドラ・ドロッペルマン・リラ

White O

エッセイ:シンガポールで建築をつくる
庵原義隆

VivoCity

ベルビュー・レジデンシズ

マーケット・ストリート・タワー

エッセイ:瀬戸内の島で建築をつくる
岡野道子

今治市伊東豊雄建築ミュージアム

オスロ市ダイヒマン中央図書館コンペティション応募案

座談会:建築と場所──対話が建築をつくる

伊東豊雄×松原弘典×伊東豊雄建築設計事務所スタッフ/古林豊彦伊藤淳庵原義隆矢部倫太郎御手洗龍岡野道子

前のページへ戻る