• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > バックナンバー > a+u asia edition SSH

バックナンバー

「ハブ」という戦略

「ハブ」という戦略
─シンガポール・スポーツ・ハブ─
  • 売り切れ
定価: ¥3,200(本体¥2,963)
128頁 292mm x 219mm
シンガポールは本年独立50周年を迎えました。そのシンガポールが新しく打ち出した「シンガポール・スポーツ・ハブ」は、スポーツとエンターテイメント、さらにはライフスタイルを統合した世界初のハブ(中核施設)です。設計は、東京の新国立競技場のフレームワーク設計に関わっているクライヴ・ルイス氏率いるArupを始めとし、DPアーキテクツ、AECOMの3社が主導しています。本号は、次のフェーズへと進もうとするシンガポールの、スポーツ・ハブに込められたヴィジョンと戦略、そしてそれを支えるさまざまな準備や技術について紹介します。
  • 1章 シンガポール・スポーツ・ハブの狙いとは?
    1章 シンガポール・スポーツ・ハブの狙いとは?
    撮影 提供:Zexsen/Sport Singapore
  • 22〜23頁:シンガポールにおけるスポーツ参加とレクリエーションとしての身体的な活動
    22〜23頁:シンガポールにおけるスポーツ参加とレクリエーションとしての身体的な活動
  • 32〜33頁:スポーツ・ハブのロケーションと規模
    32〜33頁:スポーツ・ハブのロケーションと規模
    撮影 図版提供:Arup、DP Architects
  • 82〜83頁:ディテール:象徴的なドーム形状
    82〜83頁:ディテール:象徴的なドーム形状
  • 110〜111頁:ナショナル・スタジアムで開催されたシンガポール・チャイニーズ・オーケストラ・コンサート。
    110〜111頁:ナショナル・スタジアムで開催されたシンガポール・チャイニーズ・オーケストラ・コンサート。
    撮影 提供:Arup

Feature

6 インタビュー:スポーツ・ハブ建設に込められたシンガポールの展望と挑戦
オン・ジンテク


1 シンガポール・スポーツ・ハブの狙いとは?

21 01 シンガポールにおけるスポーツ参加とレクリエーションとしての身体的な運動
24 02 国内スポーツ施設の種類と分布
26 03 海外スポーツ・イヴェントの開催と経済成長
28 04 シンガポールのスポーツ文化を定着させるためのプラン
30 04-A 多目的利用とは:さまざまな人を引きつけて呼び込むために
32 05 スポーツ・ハブのロケーションと規模
34 コラム:カランにかつてあった旧スタジアム
36 06 敷地のコンテクストを活かす
41 07 施設の規模の決め手
42 08 PPPはどのように組織されたか
43 09 プロジェクト・マイルストーン
46 座談会:デザインチームのスポーツ・ハブを通した都市への視座
アンドリュー・ヘンリー、クライヴ・ルイス、ジョナサン・ローズ、カレン・タム、マイク・キング、
シー・チーファン、テオ・ハイピン


2 スポーツ・ハブの建築計画を支えるデザイン意図を読み解く

53 01 市街地との繋がり
62 02 周辺のランドスケープとの繋がり
66 02-A スケール差を繋ぐための手段:ランドスケープ・デザイン
68 02-B スケール差を繋ぐための手段:ウォーターフロント計画
70 02-C スケール差を繋ぐための手段:テクスチャーを配する
74 03 敷地内の施設の構成
76 04 ナショナル・スタジアム
82 04-A ディテール:象徴的なドーム形状
88 04-B ディテール:さまざまなイヴェントの開催を支える可動式の観客席
91 04-C ディテール:温熱環境
92 05 OCBCアリーナ、アクアティック・センター
96 06 シンガポール・インドア・スタジアム
98 07 100PLUSスポーツ・プロムナード:都市と接続し開かれた公共空間
102 08 OCBCスクエア:都市的なスケールの空間を取り入れる
106 コラム:設計を実現させる工程設定と監理


3 人間中心の空間となるスポーツ・ハブ

109 01 イヴェント時にはどのように使われているのか
114 02 スタジアムの形状と開催できるイヴェントの種類
116 03 イヴェントの運営方法と関わる人びと
119 04 イヴェントのない日にはどのように使われているのか
124 05 スポーツ・ハブのヴィジョンとは

126 プロフィル/クレジット

前のページへ戻る