HOME > News・Event > 第9回牡鹿漁師学校 ■2017年12月2日[土]、3日[日] ■2018年2月3日[土]、4日[日] ■2018年3月31日[土]、4月1日[日]

News

NEW 第9回牡鹿漁師学校 ■2017年12月2日[土]、3日[日] ■2018年2月3日[土]、4日[日] ■2018年3月31日[土]、4月1日[日]

20171127_1_600.jpg

 

20171127_2_600.jpg

 

 

■概要(主催より)
石巻の漁村ではかつては和船が使われていましたが、1960年代から徐々にFRP船が主流になりました。これにより、木造和船の造船技術や操船技術が忘れられようとしています。今回は石巻市が保管している木造和船を対象にその文化を学び、継承のデザインを提案する第9回目牡鹿漁師学校を企画しました。伝統漁業実習とともに木造和船の整理、実測、展示を考える1泊2日、全3回のプログラムを開催します。伝統漁法の漁師希望者、和船文化に関心のある方、デザイナーの皆様の参加をお待ちしております。
■1プログラム
・参加費─1名/5,000円
保険料、昼食代含む。
もものうらビレッジ宿泊の場合は別途宿泊費3,500円/日を頂きます。
漁業実習には長靴、手袋、防水用具をご持参ください。
・募集人数─10名
[応募]参加希望の方は公式HPまたはFBよりアクセスし、
記載されている参加申し込みフォームから応募をして頂くか、
下記URLより直接参加申し込みフォームにアクセスし応募して下さい。
URL:https://goo.gl/forms/g7PkX0UTLdy6qCnt2
応募は保険加入の都合上、
各回実施の3日前までにお申し込みください。
|日程およびプログラム|
PROGRAM 1 |プログラム1 | 和船の歴史
和船[整理・実測・展示内容づくり]
伝統漁法:刺し網漁[アイナメ、ドンコ]
2017年12月2日[土]、3日[日]
PROGRAM 2 |プログラム2 | 和船の見せ方
和 船[ 会場デザイン]
伝統漁法:曳き網漁[なまこ]
2018年2月3日[土]、4日[日]
PROGRAM 3 |プログラム3 | 和船の活用
和船[展示会場づくり]
伝統漁法:刺し網漁[シャコ]
2018年3月31日[土]、4月1日[日]
*天候や現地作業効率を考慮して、授業内容が変更になることもあります。
*参加は1プログラムずつでも全プログラムでも可能です。
講師|
阿部栄太郎[浜づくり実行委員会委員長、桃浦地区行政区長]
大山はつ代[浜づくり実行委員会副委員長]
甲谷 強[漁師]
亀山哲雄[漁師]
八巻芳栄[洞仙寺住職]
成田 暢[石巻市]
|事務局|筑波大学芸術系貝島桃代研究室
茨城県つくば市天王台1-1-1|TEL/FAX:029-853-2709
hamatsukuri@freeml.com
|フェイスブック|https://www.facebook.com/hamatsukuri
|公式HP|http://hamatsukuri2013.sakura.ne.jp/indexn.html
■概要(主催より)
石巻の漁村ではかつては和船が使われていましたが、1960年代から徐々にFRP船が主流になりました。これにより、木造和船の造船技術や操船技術が忘れられようとしています。今回は石巻市が保管している木造和船を対象にその文化を学び、継承のデザインを提案する第9回目牡鹿漁師学校を企画しました。伝統漁業実習とともに木造和船の整理、実測、展示を考える1泊2日、全3回のプログラムを開催します。伝統漁法の漁師希望者、和船文化に関心のある方、デザイナーの皆様の参加をお待ちしております。

 

■1プログラム
・参加費─1名/5,000円
保険料、昼食代含む。
もものうらビレッジ宿泊の場合は別途宿泊費3,500円/日を頂きます。
漁業実習には長靴、手袋、防水用具をご持参ください。

 

・募集人数─10名
[応募]参加希望の方は公式HPまたはFBよりアクセスし、
記載されている参加申し込みフォームから応募をして頂くか、
下記URLより直接参加申し込みフォームにアクセスし応募して下さい。
応募は保険加入の都合上、
各回実施の3日前までにお申し込みください。

 

|日程およびプログラム|
PROGRAM 1 |プログラム1 | 和船の歴史
和船[整理・実測・展示内容づくり]
伝統漁法:刺し網漁[アイナメ、ドンコ]
2017年12月2日[土]、3日[日]

 

PROGRAM 2 |プログラム2 | 和船の見せ方
和 船[ 会場デザイン]
伝統漁法:曳き網漁[なまこ]
2018年2月3日[土]、4日[日]

 

PROGRAM 3 |プログラム3 | 和船の活用
和船[展示会場づくり]
伝統漁法:刺し網漁[シャコ]
2018年3月31日[土]、4月1日[日]
*天候や現地作業効率を考慮して、授業内容が変更になることもあります。
*参加は1プログラムずつでも全プログラムでも可能です。

 

講師|
阿部栄太郎[浜づくり実行委員会委員長、桃浦地区行政区長]
大山はつ代[浜づくり実行委員会副委員長]
甲谷 強[漁師]
亀山哲雄[漁師]
八巻芳栄[洞仙寺住職]
成田 暢[石巻市]

 

|事務局|筑波大学芸術系貝島桃代研究室
茨城県つくば市天王台1-1-1|TEL/FAX:029-853-2709
|フェイスブック|https://www.facebook.com/hamatsukuri

 

    More

pagetop