HOME > News・Event > 続・TOKYO METABOLIZING(新しい居住都市のイメージ)展 EARTH+GALLERY(東京都江東区) 2018年2月18日~3月4日

News

NEW 続・TOKYO METABOLIZING(新しい居住都市のイメージ)展 EARTH+GALLERY(東京都江東区) 2018年2月18日~3月4日

 

■趣旨(主催より)
日本の社会は2011年あたりに人口のピークを打ち、成長拡大を求める社会から定常型社会へ移行したと観測される。それは現代社会の構造として、経済活動を優先するリバタリアニズムから、人びとの生活を主軸にするコミュニタリアニズムへの移行のようにも見える。そこではポスト産業社会を構想することになるのだが、西欧から移植された近代という時代の終焉を理解し、新しい社会システムを私たちが自ら創造しなければならないのだ。
都市とは人々が集まって生活をする場である。人々は経済的理由で都市を選択し、その集合形式を制御するために政治的制度が都市空間に導入されている。そこにはコミュニタリアニズムの希求はあってもリアルなコミュニティは存在しない。現代都市のなかで人々は引き裂かれ孤立している。にもかかわらず都市のなかで人々は共同性を必要としているのだ。では、「近代」という社会システムが壊してきたコミュニティはいかように再生できるのか。歴史上どこにも存在しなかった新しい都市社会を、近未来の東京に創造してみたい。東京の今は、かような未来都市を生産できる瞬間にあるのだ。
■参加メンバー:
法政大学DLU、東京工業大学塚本研究室、横浜国立大学Y-GSA
■開催場所:
EARTH+GALLERY(東京都江東区木場)       
■会期:
2018年2月18日~3月4日
■シンポジウム:
2018年2月18日(法政)/2月25日(東工大)/3月3日(横浜国大)
□法政大学DLU「江戸東京研究センター」では、東京の近未来を描く。近代以前の「江戸」の社会空間を参照し、そこに存在していた豊かな社会的共通資本を召喚することによって、現代社会に人々の関係性を再構築できないか検証する。
□東京工業大学塚本研究室では、継続した東京研究の中で示してきた年代(世代)による居住様態(建築類型)の変化に関して、2050年の暮らしの想定を「第5世代の住宅」として展示予定。
□横浜国立大学大学院Y-GSA「次世代居住都市研究」ユニットでは、住まいにおける「集合」と「共有」に着目することで、次世代の居住モデルを検討・提案する。国内に建てられた10の集合住宅の比較研究、および横浜の木造密集市街地である西戸部地域に対する共同建て替えの提案を通して、共に暮らし、空間を共有することの意味を示す。
■趣旨(主催より)
日本の社会は2011年あたりに人口のピークを打ち、成長拡大を求める社会から定常型社会へ移行したと観測される。それは現代社会の構造として、経済活動を優先するリバタリアニズムから、人びとの生活を主軸にするコミュニタリアニズムへの移行のようにも見える。そこではポスト産業社会を構想することになるのだが、西欧から移植された近代という時代の終焉を理解し、新しい社会システムを私たちが自ら創造しなければならないのだ。
都市とは人々が集まって生活をする場である。人々は経済的理由で都市を選択し、その集合形式を制御するために政治的制度が都市空間に導入されている。そこにはコミュニタリアニズムの希求はあってもリアルなコミュニティは存在しない。現代都市のなかで人々は引き裂かれ孤立している。にもかかわらず都市のなかで人々は共同性を必要としているのだ。では、「近代」という社会システムが壊してきたコミュニティはいかように再生できるのか。歴史上どこにも存在しなかった新しい都市社会を、近未来の東京に創造してみたい。東京の今は、かような未来都市を生産できる瞬間にあるのだ。

 

■参加メンバー:
法政大学DLU、東京工業大学塚本研究室、横浜国立大学Y-GSA
■開催場所:
EARTH+GALLERY(東京都江東区木場)       
■会期:
2018年2月18日~3月4日
■シンポジウム:
2018年2月18日(法政)/2月25日(東工大)/3月3日(横浜国大)

 

法政大学DLU「江戸東京研究センター」では、東京の近未来を描く。近代以前の「江戸」の社会空間を参照し、そこに存在していた豊かな社会的共通資本を召喚することによって、現代社会に人々の関係性を再構築できないか検証する。
東京工業大学塚本研究室では、継続した東京研究の中で示してきた年代(世代)による居住様態(建築類型)の変化に関して、2050年の暮らしの想定を「第5世代の住宅」として展示予定。
横浜国立大学大学院Y-GSA「次世代居住都市研究」ユニットでは、住まいにおける「集合」と「共有」に着目することで、次世代の居住モデルを検討・提案する。国内に建てられた10の集合住宅の比較研究、および横浜の木造密集市街地である西戸部地域に対する共同建て替えの提案を通して、共に暮らし、空間を共有することの意味を示す。

 

    More

pagetop