HOME > Movie

Movie


  • 2011.05.01
    実践学園中学・高等学校 自由学習館
    • 新建築

    設計 古谷誠章+NASCA
    都内に建つ実践中学・高等学校の別館。飛び地に建てられた自学習のための施設で、自学習のための多様な場所とホールからなる。大臣認定により、防火シャッターなしで高さ12.5m,4層吹き抜けのワンルームが可能になった。室内と周辺環境を巡る動画をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.05.01
    Maruya gardens
    • 新建築

    設計 みかんぐみ
    1961年に開業した丸屋デパートを三越の撤退に伴い、テナントビルへとリニューアルしたプロジェクト。耐震改修を基本としながら、増築が重ねられて増えた階段を整理することで床面積を変えずに増床している。各フロアにガーデンと名付けられた、商業区画ではない余白のスペースが設けられており、誰でも利用することができる。1日を通しての風景を動画でお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.05.01
    K
    • 新建築

    設計 中原祐二建築設計事務所
    鹿児島県鹿児島市に建つ研修センター兼住宅。張り出した庇は、夏場の日射を遮り、さまざまな影を落とし、2階テラスの水盤は、夏季の風を冷やし室内に涼しい風を運ぶ。室内と繋がる鹿児島の風景をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.05.01
    熊本駅西口駅前広場
    • 新建築

    設計 佐藤光彦建築設計事務所
    九州新幹線の開業に合わせ、整備が進むJR熊本駅西口の駅前広場。ロータリーをぐるりと囲むように鉄骨造のスクリーンを挿入し、外側に向かって伸びる屋根を、駅舎からバスやタクシーの乗り場まで連続させることで、緩やかに人と車の空間を分けている。人びとに使われている広場の様子をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.05.01
    熊本駅東口駅前広場 暫定形
    • 新建築

    設計 西沢立衛建築設計事務所
    くまもとアートポリスのプロジェクトとして進行する熊本駅東口駅前広場再開発計画の第一段階。熊本駅東口から市電の停留所まで、諸動線から導き出されたカーブ曲率を持つ平面形の屋根が延びる。駅から広場へのシークエンス、周辺環境の様子をご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.05.01
    JR博多シティ
    • 新建築

    設計 博多駅開発設計共同企業体(三菱地所設計・ジェイアール九州コンサルタンツ)
    1963年に建設された旧駅ビルの建て替え。線路上部にも増築・高層化し、従前の約6倍である約20万m2まで拡張している。人びとが行き交う新しい駅の様子をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.04.19
    OPEN ARCHITECTURE PROJECT
    • 住宅特集

    設計 大薮義章建築計画所
    幅3mの竿地部分に、1部屋の離れと1台分の屋根付き駐車スペースをつくる都市部住宅地域特有の旗竿地での計画。エキスパンドメタルのスロープが、折り返し重層的に積み重なり、母屋・離れ、そしてその屋根をなだらかに螺旋状に繋げる。スロープは部分的に段差を伴って変形することで、家具の役割も果たしつつ、全体で遊具のような建築となっている。スロープをダイナミックに使う様子をご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.04.19
    新建築賞の24年 鈴木博之氏×伊東豊雄氏対談
    • 住宅特集

    建築の批評性から個の多様性へ──「新建築(吉岡)賞」の24年 対談の冒頭部分の動画を公開。


    掲載号を見る

  • 2011.04.19
    InBetween House
    • 住宅特集

    設計 筒井康二建築研究所
    片流れ屋根の架かった5つの山荘と、その間をつなぐように屋根を架けることでできた路地的な空間で構成。地元のカラマツ材を大工が手で刻み、在来工法でつくられた。5つの山荘ユニットは機能によって大きさが決められ、敷地の形状・地形に合わせてお互いに30度の角度で配置されており、こうしてできるつながりは、将来的な増幅にも耐えうる可能性をもっている。室から室への回遊をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.04.19
    LCCM住宅 デモンストレーション棟
    • 住宅特集

    設計 小泉雅生/小泉アトリエ+LCCM住宅設計部会
    建設時と運用時を通して排出されるCO2を自らつくり出すエネルギーに相当する電力分のCO2削減量によって相殺し、最終的にCO2収支をマイナスにしようというLCCM住宅における課題と可能性について検証するためのデモンストレーション棟。「衣替えする住宅」をキーワードに、周囲の気候条件や生活シーンに応じて住まい手が自ら環境をカスタマイズし、モードを切り替えることのできる住宅を提案。「衣替え」の様子を中心に動画でご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.04.01
    吉岡ライブラリー
    • 新建築

    設計 平田晃久建築設計事務所
    新建築社屋(設計:清家清+戸田建設、本誌7505)1Fを改修した約5,000冊の建築雑誌を収蔵するライブラリー。400mm幅の柱梁が1,200mmピッチで門型に配された既存の空間を、400mmモジュールのひだ状に伸びる家具システムで構成。本に囲まれた空間を動き回る動画をお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.03.10
    自然体感展望台六甲枝垂れ
    • JA
    • 新建築

    設計 三分一博志建築設計事務所
    「自然体感展望台六甲枝垂れ」の冬バージョンムービーを新たに制作しました。新建築掲載時の夏バージョンムービーと合わせてお楽しみください。


    掲載号を見る

  • 2011.03.01
    しらさぎ美術館 Y邸の離れ 押尾章治氏インタビュー
    • 新建築

    設計 押尾章治+UA
    行き止まりだった敷地北側の法42条2項道路と南側の県道を結ぶ私設通路と、その通路を跨ぐトンネル状の美術館。個人住宅の敷地内に「離れ」として設けられている。
    押尾章治氏のインタビューと共に、1日を通しての美術館のさまざまなシーンを動画でご紹介。

    しらさぎ美術館
    http://shirasagimuseum.web.fc2.com


    掲載号を見る

  • 2011.03.01
    天神山のアトリエ
    • 新建築

    設計 藤野高志
    群馬県高崎市の幹線道路沿いに建つ住居兼アトリエ。180mm厚の鉄筋コンクリートの壁で囲まれた変形のワンルーム。四周に設けられた開口や真砂土で仕上げられた床、内部に植えられた樹木など室内と外部環境の混在したさまざまなシーンを動画でご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.03.01
    Villa Vista
    • 新建築
    設計 SHIGERU BAN ARCHITECTS Europe スリランカにある、インド洋に面した高台に建つ3階建てのヴィラで、現地で容易に入手可能な材料を使い構成されている。22mスパンの天井と床によって海と空がパノラマ状に切り取られているリビングの風景を中心に、開放的な自然の中に建てられたヴィラのシーンを動画でご紹介。
    掲載号を見る

  • 2011.02.27
    アトリエ・ワンのオフィス
    • a+u

    設計 アトリエ・ワン
    特集:50 Architects' Offices WEB連動企画 オフィスから住居部までぐるりと巡ります。


    掲載号を見る

  • 2011.02.19
    小路の家
    • 住宅特集

    設計 森俊之+深澤明
    遊歩道に向かうあぜ道のような小さな路が点在する敷地にある、街とつながる住まい。東西に2面接道する敷地を横断する土間を内部に取り入れ、ふたつの道をつなぐ通り庭が設けられている。構造は、工場にてコの字型に折り曲げられた6mm鋼板で壁、床パネルを製作し、現場でハイテンションボルトで接合。施工の様子を中心に動画でご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.02.19
    美幌の家(びほろエコハウス)
    • 住宅特集

    設計 堀尾浩建築設計事務所+いけはたアトリエ(設計協力)
    環境省主催の「21世紀環境共生型住宅のモデル整備事業」として実現した北海道美幌町の公共のモデルハウス。地域に特有の自然エネルギーを活用しながら、自給自立の大家族の住まいづくりを目指す次世代農業を模索する拠点施設となっている。部屋から部屋へのシークエンスを中心に動画でご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.02.01
    yotsuya tenera
    • 新建築

    設計 小山光+キー・オペレーション
    L字状に配置された12戸の集合住宅。階段室を建物真ん中に設け、バルコニーを触手のように延ばした、ツリー状のボイドを挿入。開放感のある階段室が中心となった様子を動画でご紹介。


    掲載号を見る

  • 2011.02.01
    シモキタハウス 伊藤博之氏インタビュー
    • 新建築

    設計 伊藤博之建築設計事務所+O.F.D.A.
    都内の旗竿敷地に建つ地上3階建て、6戸の木造賃貸住宅。北側の斜線制限により、ふたつの家型のボリュームが決められ、住戸ごとの採光率を平均化するため、接地階と最上階に居室を持つ住戸をつくっている。伊藤博之氏へのインタビューと共に、街の中での建ち方や窓で切り取られる風景を動画でご紹介。


    掲載号を見る

pagetop