• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > 新刊 > 新建築2014年7月別冊

新刊

新建築2014年7月別冊

新建築2014年7月別冊
団地のゆるさが都市(まち)を変える。
  • 売り切れ
定価: ¥1,000(本体¥926)
144頁 210mm x 148mm
1970年から入居が始まった横浜市磯子区の洋光台団地では、高齢化、老朽化に応えるべく、団地の再生を核とするまちづくりプロジェクト『ルネッサンス in 洋光台』がUR都市機構の主導により行われています。そのアドバイザー会議で示された隈研吾、佐藤可士和、上野千鶴子、大月敏雄、広井良典、信時正人の各氏による熱い提言は団地のポテンシャルの高さ、魅力を伝えるものとなりました。佐藤可士和氏によると、団地のゆるさ、さりげなさが周回遅れの最先端ではないかとのこと。語り言葉による本文により、都市や建築を専門としていない方々にも読みやすい内容となっています。日本の「団地」の歴史が分かるコラムも多数収録!

Feature

はじめに まちの新たな豊かさを目指して  004
UR都市機構とUR賃貸住宅  006
洋光台を知っていますか?  008
「ルネッサンスin洋光台」の取り組みと挑戦  010

I 隈と可士和のぶらぶら散歩  013
洋光台団地ぶらぶら散歩  014
散歩の後のコーヒーブレイク  038

II 再生への処方箋  053
佐藤可士和  055
上野千鶴子  062
大月敏雄  068
広井良典  073
信時正人  078
アドバイザーディスカッション  082

III 未来への挑戦と可能性  099
街の縁側  100
CCラボ  106

IV 隈研吾に聞く  109
“ルネッサンスin洋光台”と“団地再生”
—団地再生じゃない。都市の再生だ。—

V 団地ミュージアム  121
洋光台中央団地  122
洋光台北団地 東ブロック  124
洋光台北団地 西ブロック  126
洋光台西団地  128
磯子の逸品  129

VI 洋光台43年の今昔物語  130
今昔フォトコンテスト  136

UR情報局・コラム掲載ページ一覧  140

あとがき  142

前のページへ戻る