• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > 新刊 > 新建築2017年10月別冊 野村不動産

新刊

新建築2017年10月別冊 野村不動産

新建築2017年10月別冊
NEW VALUE,
REAL VALUE
野村不動産のものづくり
定価: ¥3,500(本体¥3,241)
192頁 297mm x 221mm
  • カートに入れる
本誌は2017年に創業60周年を迎えたデベロッパー、野村不動産の特集号である。
野村不動産のものづくりの姿勢に注目し、取り組みを紐解くものとしてまとめた。掲載するプロジェクトは同社が事業主として、設計者、監理者、またはPM・CMとして関わるものなどさまざまであり、誌面ではそれらを開発、企画、設計、施工、販売・管理のフェーズに分け紹介している。各段階でどのようなことを考えたのか、完成した建築だけからでは分からないものづくりの手法とそのプロセスを読み解くことを目的としてまとめた。建築をつくることで、社会の中で新しい価値を創造していくという同社の想いを、ものづくりのプロセスを通して紹介する。

Feature

004 巻頭言 NEW VALUE, REAL VALUE あしたを、つなぐ 
宮嶋誠一 野村不動産代表取締役社長

006 巻頭対談 これからの建築
槇文彦 槇総合計画事務所代表 × 宮嶋誠一 野村不動産代表取締役社長


012 I プロジェクト

014 野村不動産の沿革と軌跡

018 プロジェクト

062 コラム グットデザイン賞への取り組み——16年連続受賞


064 II ものづくり —具現化へのアプローチ

II -1 住まい
066 Ⅱ-1-1 プラウドシティ浦和
070 Ⅱ-1-2 プラウド横濱山手
074 Ⅱ-1-3 プラウドタワー二子玉川
076 Ⅱ-1-4 プラウドシティ元住吉
080 Ⅱ-1-5 プラウド本郷弓町
084 Ⅱ-1-6 ザ・センター東京
088 Ⅱ-1-7 プラウドジェム渋谷神南

090 コラム 野村不動産独自の思想が基づくオーダーメイドマンション

092 Ⅱ-1-8 OHANA 八王子オークコート
096 Ⅱ-1-9 プラウドフラット新宿御苑

098 コラム 共に考える「品質管理」
100 インタビュー 建築家とのコラボレーション 新居千秋 新居千秋都市建築設計代表

II -2 アーバン ファシリティーズ 
104 Ⅱ-2-1 PMO
110 Ⅱ-2-2 GEMS
114 Ⅱ-2-3 Landport

Ⅱ-3 アーキテクチャー ワークス 
116 Ⅱ-3-1 日本橋室町野村ビル YUITO
122 Ⅱ-3-2 ラゾーナ川崎東芝ビル
128 Ⅱ-3-3 設計監理・ 技術部門の仕事

Ⅱ-4 リニューアル 
132 Ⅱ-4-1 新宿野村ビル改修
136 Ⅱ-4-2 浜松町ビルディング改修


138 III まちをつくるアプローチ

140 対談 幕張ベイタウンの街づくり 
南條洋雄 南條設計室代表× 柴田知彦 SKM設計計画事務所代表

III-1 都市の創造と再生
144 Ⅲ-1-1 YBP(横浜ビジネスパーク)
148 Ⅲ-1-2 A.CITYヒルズ&タワーズ〜「第12回アジア競技大会広島1994」選手村供用〜
152 Ⅲ-1-3 プラウドタワー相模大野+ボーノ相模大野
156 Ⅲ-1-4 桜上水ガーデンズ
160 Ⅲ-1-5 プラウドシーズン

Ⅲ-2 コミュニティの創出と仕掛け
164 Ⅲ-2-1 コモンスペース・デザイン手法100
166 Ⅲ-2-2 Tokyoイゴコチ論争+1000のイゴコチ
168 Ⅲ-2-3 ふなばし森のシティ

170 インタビュー きっかけをつくるコモンスペースのデザイン 篠原聡子 日本女子大学大学院教授


174 IV  これからのプロジェクト

IV-1 大規模再開発
176 IV-1-1 (仮称)芝浦一丁目計画
182 IV-1-2 虎ノ門駅前地区市街地再開発事業

IV-2 新たな取り組み
184 IV-2-1 Tsunashima サスティナブル・スマートタウン
186 IV-2-2 OUKAS

IV-3 海外事業
188 IV-3-1 フィリピンマニラでの住宅商業複合開発


190 Ⅰ プロジェクト 物件データ
192 プロフィール・クレジット・奥付

前のページへ戻る