• 新建築
  • 住宅特集
  • JA
  • a+u
  • Special Issues & Extra Edition & Books

HOME > 新刊 > 作品詳細

作品詳細

都市にひらいていく家

都市にひらいていく家
設計 栗原健太郎+岩月美穂/studio velocity
施工 創SHINKO
所在地 愛知県名古屋市

掲載号:住宅特集 2014年1月号030頁 

敷地は間口7m×奥行21m。ガラス棟と個室棟に分棟配置し、中央は庭として3つのスロープを架けた。ガラス棟はリビングや子供のバレエの練習場といったパブリックな機能をもたせた。道路からの見え掛かり隣接する建物に「庭」が接しており、都市に対して緑の「森」を開く。